ニュース

RSS
カテゴリ
アーカイブ

▼ トップメニュー

受診したい

病院について知りたい

健康診断したい

相談したい

入院について知りたい

  • 新病院建設の歩み
  • 老人保健施設ニューライフあじす
  • 訪問看護ステーション すこやかナース
  • 阿知須共立病院 看護部
  • 阿知須共立病院 栄養科
  • 職員募集案内
  1. home
  2. News & Topics

News & Topics

詳細表示 リスト表示 検索

3/5(火)、院内勉強会で演題発表リハーサルを行いました。

来る3月9日(土)に開催される「山口県慢性期医療協会研究会@至誠館大学」で発表予定の演題2題(阿知須共立病院1題、ニューライフあじす1題)の発表リハーサルを行いました。
 恒例の工藤明敏診療部長・外科部長の挨拶で始まり、地域包括ケア病棟介護福祉士の木村元紀さんが「認知症状改善のために介入を行った症例〜個別ケアに着目して〜」という演題で発表しました。地域包括ケア病棟の役割を踏まえて、患者さん5名に介入し、認知症状の改善に取り取り組んだ成果を発表しました。
 続いて、ニューライフあじす介護福祉士の山下萌さんが「重度認知症高齢者もいきいき『学べる場』を発見!」という演題で発表しました。当施設で導入されている「おとなの学校メソッド」の効果を踏まえて、対象者3名に対し個別プログラムを提供し、アクティビティの改善効果等について報告しました。
 研究会開催当日は持ち時間7分という制約がある中、2人とも緊張感をもってリハーサルを終えました。お二人ともお疲れさまでした。本番が楽しみですね。


[登録日] 2019年03月05日(火) | 固定リンク