ニュース

RSS
カテゴリ
アーカイブ

▼ トップメニュー

受診したい

病院について知りたい

健康診断したい

相談したい

入院について知りたい

  • 新病院建設の歩み
  • 老人保健施設ニューライフあじす
  • 訪問看護ステーション すこやかナース
  • 阿知須共立病院 看護部
  • 阿知須共立病院 栄養科
  • 職員募集案内
  1. home
  2. News & Topics

News & Topics

詳細表示 リスト表示 検索

「人工肛門のある生活」についての院内勉強会がありました!

8月1日(火)、2階ホールにおいて「人工肛門のある生活」と題して院内勉強会が行われ、ストーマ委員会の看護師 平岡さんと武居さんによる発表がありました。
勉強会は、まず工藤明敏外科部長の話から始まり、現在の人工肛門では“通常の生活ができる”こと、そのためにまず“そばに寄り添って”話を聴き、不安を軽減することが大切であると話されました。
つぎに、平岡看護師による発表で「人工肛門とは?」、「人工肛門のマイナスのイメージ」に続いて、現在の「進化したスト−マパウチ」の説明を武居看護師の実演とともに行い、参加者もパウチを手にとりながら確認しました。また、身体障害者手帳やストーマ外来、オストメイト用トイレ等、社会資源も充実してきたことなども説明しました。終わりに「身近な人が人工肛門を作ることになり悩んでいる時は“まずそばに寄り添い不安を聴いてあげてください”また、生活に対する不安があれば、“できる部分”を話せば、不安の軽減につながるのではないか」と訴えました。その言葉は、冒頭の工藤外科部長の言葉と共に参加者の心に響き、人工肛門に対する理解を一層深めることができたことと思います。


[登録日] 2017年08月02日(水) | 固定リンク