ニュース

RSS
カテゴリ
アーカイブ

▼ トップメニュー

受診したい

病院について知りたい

健康診断したい

相談したい

入院について知りたい

  • 新病院建設の歩み
  • 老人保健施設ニューライフあじす
  • 訪問看護ステーション すこやかナース
  • 阿知須共立病院 看護部
  • 阿知須共立病院 栄養科
  • 職員募集案内
  1. home
  2. News & Topics

News & Topics

詳細表示 リスト表示 検索
すべての一覧を表示 [ページ] 44 43 42 41 40 39 ... 次→

12/14(木)、院内でWeb講演会「医療連携2017」を開催しました。

当病院で今年2回目のLive Symposiumを12月14日(木)18:00〜19:00に開催しました。これは第一三共(株)主催で行われ、「地域医療構想下における急性期病棟と地域包括ケア病棟の行方―病院ビジョンに則った連携室の活動とはー」というテーマで2つの講演がありました。
 時代の流れと共に地域連携のあり方が変化していますが、前方重視の連携から退院調整強化のための後方連携、更に地域包括ケアシステムを目的とした地域医療連携へと変化していることを改めて認識できました。そして、「切れ目のない医療」を提供し、病床コントロールを円滑に運用するために開設された「PFM(Patient Flow Management)システム」の紹介などもあり大変有益な内容でした。
 当病院は、本年9月より、一般病棟、医療療養病棟のほかに地域包括ケア病棟45床で運営していますが、今後も地域の皆様に様々な医療サービスをきめ細かく、そして、切れ目なく提供できるように努めてまいります。
[登録日] 2017年12月16日(土) | 固定リンク

あっぱれ!「第5回きららドーム☆リレーマラソン」で当病院のAKBチームが完走!!

11月26日(日)に開催された「第5回きららドーム☆リレーマラソン」で、当病院から出場した『AKB(阿知須共立病院)チーム』が見事完走しました。
 医師、看護師、事務職など多職種で構成された病院スタッフ10名が42.195qに挑み、見事3時間36分29秒のタイムで完走しました。チームワーク抜群のこのチームは、タスキを次走者に絶対に渡そうと死にもの狂いで走り、メンバーの絆を見せつけました。
 参加されたメンバーの皆さん、来年も完走と好タイムを目指し、コツコツと日々練習に励んでください。大変お疲れさまでした。


[登録日] 2017年12月16日(土) | 固定リンク

年末年始の外来診療について

年末年始の外来診療は以下の通りになっております。

12月29日(金)までは       通常通り
12月30日(土)〜1月3日(水)は  休診
12月4日(木)からは        通常通り   

※但し、急患の場合はいつでも診察致します。

[登録日] 2017年12月15日(金) | 固定リンク

第3回世界糖尿病デーイベントとして「院内展示」と「グランドゴルフ大会」を開催しました!

当院では毎年世界糖尿病デーに合わせてイベントを開催しております。
今年は 第3回世界糖尿病デーイベントとして、11/13(月)から11/20(月)まで糖尿病の重症化予防を目的に外来待合室で「院内展示」を、そして、11/30(木)14:00〜、山口きらら博記念公園多目的ドームにおいてグランドゴルフ大会を開催いたしました。
 当日は11名の参加者がまずはセミナールームに集合し三輪陽子糖尿病サポートチームリーダーによる開会のあいさつの後、注意事項、運動療法の効果について説明を受けました。また、低血糖を予防するために摂取する「捕食」のについて講義を受け、自分で選んだ「捕食」の前後に血糖測定をし、血糖値の比較を行いました。
続いて行われたグランドゴルフ大会では、それらの勉強を踏まえて、参加者は松原弘子医師(糖尿病専門医)の健康管理の下で、糖尿病サポートチームスタッフと共に、和やかにグランドゴルフを楽しみました。
 このイベントを通じて、参加者一同、楽しみながら学び運動療法の大切さを実感しました。




[登録日] 2017年12月01日(金) | 固定リンク

11/28(火)、倫理研修会が開催され、賀宝の里白松苑の松本苑長が講演されました。

当病院は定期的に職員対象の倫理研修会を開催しています。今回は当病院の関連施設である社会福祉法人正清会『賀宝の里白松苑』の松本直行苑長が「医療はサービス業ですか?〜職業倫理とからめて〜」という演題で講演されました。
 まず、「倫理」を様々な集団、組織の中で守るべき道徳的規範と捉え、“社会の中で、なぜ今「倫理」が必要とされているのか”について、最近頻発している痛ましい事件を引用しながら説明されました。引き続き、医療従事者が持つべき倫理として、看護者の倫理綱領、ナイチンゲールの看護覚え書、医師法第1条、介護福祉士倫理綱領、などを紹介されました。「倫理」は組織の一員として必ず守るべき規範ですが、組織外の第3者のイメージで作られることもあり、周りの人にも配慮できる「倫理」が求められる、と説明されました。
 最後に、医療は高い専門性を有するサービス業であることから、患者さんには他の医療機関と比較しにくい診療・検査・処置・投薬などの内容とは別に、患者さんに分かり易い笑顔、優しさ、親身な対応、待ち時間などが診療報酬に影響すると述べられました。このため、プロとして専門知識の研鑽に努めるだけでなく、笑顔で親身な対応ができるよう、そして、人間として一期一会を大切にし、毎日が初演と考えて行動し、満足・信頼を積み重ねることが大切だと熱く訴えられました。
 参加した職員は、患者さんに医療従事者としての倫理を持って接することの大切さを改めて確認し合いました。

[登録日] 2017年11月29日(水) | 固定リンク

第17回阿知須共立病院ゴルフコンペ大会

 11月26日(日)第17回を迎えた阿知須共立病院杯ゴルフコンペ。宇部72カントリークラブ阿知須コースにて、病院内外からも参加して頂き総勢12名で開催されました。
 今大会も前回大会同様にハンディーキャップ方式にて行い、この度の優勝者はリハビリの河内さんが初優勝となりました。当日は終始曇りで気温も体温も上がらず、さらに阿知須コースなので距離が長い。前半はそのせいで体が硬かったのかスコアを落としはしましたが、後半に入れば前半を挽回するかのような猛チャージ!大波賞をとられるなど波のあるゴルフではありましたが、2位以下を大きく離しての初優勝となり、満面の笑みの中で皆々から拍手喝采を受けられていました。
 本来は10月開催予定でしたが台風と重なり延期したことで参加予定者はいつもより少なかったですが久しぶりの1列3組コンペ。次回の来春は今回参加できなかった者を含めつつ、新たにメンバーを増やして病院内外の親睦をさらに深め、盛り上げていけたらと思います。

[登録日] 2017年11月26日(日) | 固定リンク

山口県鴻城高等学校看護臨床実習(看護の基礎)に衛生看護科25名が来られました。

山口県鴻城高等学校看護臨床実習(看護の基礎)に衛生看護科25名が来られました。
 1班:11月6日(月)から10日(金)
 2班:11月13日(月)から17日(金)
 基礎看護実習の目標は「看護に関する各科目において習得した知識と技術を臨床の場で活用し、実践する経験を通して看護観をはぐくみ問題解決の能力を養うとともに、臨床看護を行うために必要な能力と態度を育てる。」こととされています。 
今回、初めての4日間の実習で皆さん大きく成長されました。PT、STの職員に教わることもありました。また、11月7日の田部師長の「認知症ケアの基本的理解」や11月14日の伊藤先生の「糖尿病と歯周病」の院内勉強会も役立ちましたね。春からの看護臨床実習も頑張ってくださいね。また、卒業されて皆さんと一緒にお仕事ができればうれしいですね。

※【続きを読む】に実習の感想及びこれからの抱負
[登録日] 2017年11月24日(金) | 固定リンク

11/21(火)、院内勉強会で「レクリエーションの充実を」というテーマで学びました。

今回の院内勉強会は、当病院関連施設「老人保健施設 ニューライフあじす」の上野裕貴介護主任が「レクリエーションの充実を」というテーマで講義しました。
 講義は、まずレクリエーションの概念、目的と意義、注意点などについての説明から始まりました。そして、レクリエーションには、@高齢者の身体機能の維持・向上に役立つ、A手先や頭を使うことで脳の活性化を図り、認知症の予防になる、B他の人とのコミュニケーションを促進し、生き甲斐の創出や認知症の予防になる等の効果があることを訴えました。
 その後で、「ニューライフあじす」でのレクリエーションの事例報告があり、今年9月から開始した「おとなの学校」での脳の訓練・リハビリ、認知症専門棟での作品作り・展示、そして、2ヵ月に1度開催している調理実習を紹介しました。
 最後に、利用者さんに喜んでもらうことで職員のモチベーションを向上させることが大切だと熱く語りました。


[登録日] 2017年11月24日(金) | 固定リンク

11/17(金)AM、介護予防出張講座(山口市からの受託業務)を開催しました。

当病院は山口市からの介護予防出張講座を受託しています。今回は高齢者向けの食事の工夫を目的に「元気に過ごすための食生活」と題して、当病院関連施設【老人保健施設「ニューライフあじす」】の内山浩子管理栄養士(副主任)が秋穂東北条公民館(あうんの会主催)で講演しました。
 高齢者は消化・吸収機能や噛む力・呑み込む力など、食に関連する機能が低下することを踏まえて、どのようなことが勧められるのか詳しく説明しました。BMIを指標に適切な体重維持を目的にした食事内容、また、低栄養状態が与える影響、食欲がない時や体調が悪い時の食事法についてもアドバイスしました。最後に、楽しく食事ができる環境づくり、地域交流やボランティア活動に参加するなど、毎日を積極的かつ活動的に過ごすことの大切さを訴えました。
 参加された10名の方々は、お茶を飲みながらアットホームな雰囲気の中でメモを取りながら聴講され、内山講師との会話のキャッチボールを楽しまれていました。
 参加された北条地区の皆さん、病院から取材にまいりましたが、とても温かく迎えていただき、今まで経験したことがない温かさと接近感を感じました。ありがとうございました。またお目かかりたいと思います、いつまでもお元気で暮らされることを祈念しています。


[登録日] 2017年11月20日(月) | 固定リンク

11/15(水)PM、院内感染全体研修会を開催しました。

 今年の院内感染全体研修会は、松尾薬剤科長が講師となり、「インフルエンザ感染症の院内対策について」という演題で講義しました。
 はじめに、過去10年間の全国的なインフルエンザ発生状況の推移、過去5年間の当病院におけるインフルエンザ感染症状況の報告があり、その後で、ワクチンの必要性、治療薬の最適服用時期、有効な感染対策、などについて学びました。また松尾薬剤科長は、感染前にワクチンで予防することがインフルエンザに対する最も有効な防御手段であること、インフルエンザ感染拡大予防のためには発症の兆しを早期に発見し、ウィルスの消褪を見極めること、さらに、院内感染対策として、手指衛生の励行、呼吸器衛生の必要性などを訴えました。
 参加した職員は、だんだんと近づいているインフルエンザの季節に備え、予防、感染後の対応、感染拡大防止などについて改めて確認し合いました。

[登録日] 2017年11月17日(金) | 固定リンク