ニュース

RSS
カテゴリ
アーカイブ

▼ トップメニュー

受診したい

病院について知りたい

健康診断したい

相談したい

入院について知りたい

  • 新病院建設の歩み
  • 老人保健施設ニューライフあじす
  • 訪問看護ステーション すこやかナース
  • 阿知須共立病院 看護部
  • 阿知須共立病院 栄養科
  • 職員募集案内
  1. home
  2. News & Topics

News & Topics

詳細表示 リスト表示 検索
すべての一覧を表示 [ページ] 42 41 40 39 38 37 ... 次→

10/11(水)、医療安全全体研修会が行われました。

当病院は、定期的に医療安全全体研修会を開催しています。今年度第1回目の研修会が10/11(水)PM 2Fホールにおいて行われました。
 まず初めに、医療安全管理対策委員会から当病院各部署の3年間のアクシデント、インシデントの報告件数の推移、事例内訳が報告されました。その報告件数が徐々に増えて来ていることから、各部署職員の医療事故撲滅に対する意識が浸透しつつあることが分かりました。アクシデント、インシデント報告は大事故に繋がらないようにするため、早期に予防対策を講じることを目的として行っています。職員全体に、医療安全活動の輪が広がりつつあると言えます。
 引き続き、外部からお招きした講師により、「病院の医療安全管理体制について」というタイトルで講義を受けました。医療事故をなくすために、問題発生時の対応は追及型ではなく、問題解決型の検討・対策が大切であり、「人は誰でも間違える」ことを前提とした安全確認の基本行動の徹底を熱く訴えられました。その後で、実際に他の病院内で発生したヒヤリハット・医療事故の事例、特に薬剤処方に関する事例報告がありました。
 参加した職員は、熱心にメモを取りながら聴講し、さらにアクシデント・インシデント防止を推進することを誓い合いました。
 なお、当病院では、毎年、厚労省が定める「医療安全推進週間」に職員からポスター、標語を募集し、医療安全に関する意識向上を図っています。


[登録日] 2017年10月12日(木) | 固定リンク

9/27(水)から2日間、東岐波中学校の生徒さん4名が職場体験学習をされました。

9/27(水)、9/28(木)の9時から15時まで、東岐波中学校の4名の生徒さんが当院で体験学習をされました。生徒さんたちは将来看護師を目指しているということで、病院とはどのようなところか、看護師の仕事はどのようなものか、そして、患者さんと接する時に大切なこと、などについて真剣に学ばれていました。特に、日頃中に入ることのない手術室は想像されていたところとまったく違っていたようで、大変驚かれていました。
 今回の体験学習はきっと生徒さんたちが将来の夢に向かっていく上で大きな弾みになったことと思います。笑顔の素敵な皆さん、元気よく挨拶もされて、手指消毒も積極的にされていましたね。2日間大変お疲れさまでした、そして、将来の看護師を目指してがんばってください。

【続きを読む】で生徒さんからいただいた感想文をご紹介します。
[登録日] 2017年10月05日(木) | 固定リンク

院内勉強会で「ドクターコールマニュアル」を学びました。

当病院は定期的に「ドクターコール(救急)研修」を行っていますが、これに先立ち、9月26日(火)午後、勉強会が開催されました。
 恒例の工藤明敏診療部長・外科部長の挨拶で始まり、続いて救急連携会議事務局の三輪陽子外来師長による講義がありました。まず、心臓停止、呼吸停止、及び多量出血からどの程度の時間で50%の方が死亡するか、言い換えると、どの程度の時間内であれば50%の方が救命されるか(救命率)の説明があり、「成人の救命の連鎖」について学びました。また最後に、院内で重篤な急患が発生した場合の関連部署への連絡網、連絡先などを参加した職員全員が確認し合い、近く行われる「ドクターコール研修」に備えました。

[登録日] 2017年09月26日(火) | 固定リンク

(告知)10/21(土)、宇部市主催で「乳がんに関する講演」開催!!

 来たる10月21日(土)に工藤明敏医師(診療部長兼外科部長)が講師となり、「さあ、乳がん検診に行こう〜すべての年代の女性のために〜」と題して講演が開催されます。
 工藤医師はがん治療専門医として、がんの予防・治療・啓発活動に積極的に取り組まれており、今年度の出張講演は7月8日に開催されたヒストリア宇部での講演に続く第2弾となります。
この講演は宇部市主催で、宇部医師会、宇部歯科医師会、宇部薬剤師会等の後援で開催される『女性のための健康セミナー〜正しく知ろう乳がん〜』のメインとなっている啓発活動です。当日のプログラムは貼付ポスター通りですが、宇部市だけでなく山口市の方も参加できますので、ご家族、お友達を御誘い合わせの上、参加してみてはいかがでしょうか。



[登録日] 2017年09月25日(月) | 固定リンク

中田整一先生(ノンフィクション作家、元NHKプロデューサー)の講演がありました。

9月13日午前、阿知須地域交流センターで阿知須郷土史研究会の9月度定例会が開催され、「盗聴 二・二六事件」という演題で中田整一先生が講演されました。地域交流センター玄関で、「鈴虫」の美しい鳴き声に迎えられ、当病院からもおお先生(三好正之会長)はじめ数名の職員も参加しました。
 講演は、事務局の河村俊明様の開会挨拶、中田先生のプロフィール紹介に続いて始まりました。
まず、中田先生から昭和11年2月26日に勃発した「二・二六事件」について同年2月29日にクーデターを起こそうとした青年将校たちが鎮圧されるまでの経過とともに、当時の様子を記録した後年のNHK特集番組、陸軍軍法会議の真実、戒厳令の下で盗聴録音盤が存在した事実などについて詳しい解説がありました。
 その後で、二・二六事件が盗聴されていたことを示す8シーンについて順次映像を基に、日時、電話の人物特定、事件後の将校たちの証言などを紹介、解説されました。
後半も引き続き盗聴記録の各シーンの説明がありましたが、その後で、現代史に詳しくノンフィクション作家第一人者としての中田先生の歴史観、そして自分の人生に活かすべき経験の大切さ、現代政治への警鐘などについて熱く訴えられました。
中田整一先生、2時間を超える講演でしたが、あっという間に過ぎた気がします。先生のエビデンス探究心、物事を複眼でみることの大切さ、先生の卓抜した記憶力や力強い説得力にただたた感動し圧倒された時間でした。先生の講演の機会が近いうちにありますよう心より楽しみにしています。お疲れさまでした、そして、ありがとうございました。
 講演風景を写真リレーで、また中田整一先生の来歴を貼付していますのでご覧ください。




[登録日] 2017年09月14日(木) | 固定リンク

おお先生(三好正之会長)が長寿100歳で内閣総理大臣表彰を受けられました。

  おお先生こと三好正之会長は来る10月31日に満100歳を迎えられます。これに先立ち、9月7日(木)10時、内閣総理大臣表彰状、村岡県知事、渡辺市長、そして阿知須社協会長からのお祝い状や記念品が授与されました。
 授与は4階病棟の食堂で行われ、職員を含め約30人が参加しました。おお先生は表彰状を授与された後、参列者に向かって「今まで生きて来れたのは皆さんの支援のお陰です。これからも111歳を目標に元気で長生きしたい、そして皆さんに恩返ししたい。」と満面の笑みと力強い言葉でお礼の挨拶をされました。その後で、おお先生の長男である三好正規理事長・病院長からお礼の挨拶、最後に、おお先生を取り囲み記念撮影が行われました。
 当日の様子を写真リレーでご紹介します。また、100歳を迎えられたおお先生の心境が綴られた記事が10月中旬発行の「病院だより秋号」に掲載されますのでぜひご一読ください。





[登録日] 2017年09月12日(火) | 固定リンク

9/5(火)、院内勉強会で「糖尿病個別・集団指導」を学びました。

当病院は糖尿病サポートチームが中心となって糖尿病予防・治療に積極的に取り組んでいます。このチームリーダーの三輪陽子外来看護師長が講師となり糖尿病個別・集団指導について講演しました。
 はじめに、糖尿病患者さんへの療養指導の重要性について、@重症合併症を起こさないための糖尿病コントロール、A患者さんがセルフケアを実践するための知識、B効果的な糖尿病教育などについて説明しました。続いて、当院で行っている糖尿病指導カードシステム、指導箋や、糖尿病教育入院患者さんへのDVDを使った教育、さらには、糖尿病教室で使用しているカンバセーションマップ、日本糖尿病協会の活動広報について詳しく説明しました。最後に、今年の世界糖尿病デーイベント開催についての告知がありました。



[登録日] 2017年09月12日(火) | 固定リンク

8/21(月)から2日間、女子医学生インターンシップを行いました。

当院は山口県医師会男女共同参画部会の活動として行われている「女子医学生インターンシップ」を定期的に引き受けています。このたび8月21日、22日の2日間、山口大学医学部1年の八束有紀さんが鈴木千衣子内科部長の指導のもと、消化器内科分野でインターンシップを受けられました。
 八束さんは、今年山口大学医学部に入学されたばかりで、医学知識についてはこれから習得されることになりますが、消化器内科の基礎知識について学ばれました。そして、女性医師のライフスタイルなどを女性医師として先輩の鈴木医師からアドバイスを受けられました。
 また、八束さんは、おお先生こと三好正之会長の軍医としての戦争体験書「戦場の聴診器」などの書籍をサイン入りで受け取られ大変感激されていました。
 八束さん、2日間という短い期間でしたが、医師を目指す女性として有意義な体験だったと思います。お疲れさまでした。きっと自分で選んだ医師の道を邁進され、患者さんから信頼される、素晴らしい医師になられることと思います。またお会いできる日を楽しみにしています。

[登録日] 2017年08月24日(木) | 固定リンク

韓国太白市から栄養科の施設見学のために来院されました。

 去る8月14日(月)、韓国太白市の太白文化院と太白未来学校より4名の方が栄養科の施設見学のため来院されました。韓国でも嚥下食を広めたいとの思いから、嚥下食についての様々な知識を学ぶため1週間の予定で訪日され、嚥下食に関する様々な機関への訪問や研修を企画されており、その中の一つとして当院栄養科の施設見学をされました。
 当日、当院からは三好院長、徳田事務部長、片山栄養科長がお迎えし、三好院長の歓迎のあいさつに続き、栄養科施設見学、当院嚥下食(ソフト食)の試食、調理実演・実習、意見交換が行われました。
 実際に当院で提供している嚥下食(ソフト食)を試食され、常食と見た目が変わりなく、味付けもおいしいと大変驚かれていました。さらに、調理実演・実習では嚥下食(ソフト食)の調理工程と様々な食材量の組み合わせのきめ細やかさに驚かれ、「韓国の人はおおざっぱですが、正確な計量や作業のきめ細やかさは日本人にぴったりの方法ですね。」とおっしゃっていました。
また、今回の見学や実習で学んだことを韓国に持ち帰り、韓国でも嚥下食を広めたいとおっしゃっていました。
 今後、韓国でお一人でも多くの方が安全でおいしい嚥下食が食べられるよう願っております。


[登録日] 2017年08月22日(火) | 固定リンク

九州北部豪雨災害の被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 九州北部豪雨災害で亡くなられた方々とご家族の皆様に深くお悔み申し上げますとともに、被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。
 被災地の復興、被災者の皆様の生活再建に少しでもお役に立ちたいとの思いで、当病院では、7月18日より8月10日まで職員、患者様・ご利用者の皆様を対象に義援金を募りました。そして、集まりました義援金63,045円は、8月10日、日本赤十字社山口県支部に委託送金させていただきました。
 義援金にご協力をいただきました皆様に心より感謝申し上げます。

[登録日] 2017年08月17日(木) | 固定リンク