1. home
  2. 病院について知りたい
  3. 病院紹介【医療安全への取り組み】

医療安全への取り組み

「協愛会基本理念」はこちら | 「患者さんの権利など」はこちら

基本理念

医療現場では、医療従事者のちょっとした不注意等が、医療上予期しない状況や望ましくない事態を引き起こし、患者さんの健康や生命を損なう結果を招くことがあります。

我々医療従事者には、患者さんの安全を確保するための不断の努力が求められます。さらに、日常診療の過程に幾つかのチェックポイントを設けるなど、単独あるいは重複した過ちが、医療事故という形で患者さんに実害を及ぼすことのないような仕組みを院内に構築することが重要です。

本指針はこのような考え方のもとに、それぞれの医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と、医療施設全体の組織的な事故防止対策の二つの対策を推し進めることによって、医療事故の発生を未然に防ぎ、患者さんが安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標とします。

阿知須共立病院においては、病院長のリーダーシップのもとに、全職員がそれぞれの立場からこの問題に取り組み、患者さんの安全を確保しつつ必要な医療を提供してまいります。

医療事故対策方針

「“地域の安心支援拠点”安心と信頼を提供します」の理念に基づき、医療事故についても患者さんの安全確保を最優先として、以下の方針で臨みます。

  1. 「事故は起こりうる」・「ヒューマンエラーは原因でなく結果」という認識のもとに、エラーを誘発しない環境、起こったエラーが事故に発展しないシステムを組織全体で整備します。
  2. 患者さんとの信頼関係の醸成に努め、患者さんとのパートナーシップを活かして安全確保に努めます。
  3. インシデント・アクシデント情報の迅速な把握と対応・改善に努めます。
  4. 患者さんに望ましくない事象が生じた場合には、医療側の過失によるか否かを問わず、可能な限り、まず当院内の総力を結集して、患者さんの救命と被害の拡大防止に全力を尽くします。
    また当院内のみでの対応が不可能と判断された場合には、遅滞なく他の医療機関の応援を求め、必要なあらゆる情報・資材・人材を提供します。
  5. 全ての病院職員の理解を深めるため、医療事故防止に関する教育・研修を行い、啓発に努めます。また職員の自主的な業務改善や能力向上活動を強化します。
  6. 情報の取扱いに際しては、個人情報とプライバシーの保護に十分配慮します。
  7. 患者さんやご家族より、当院の医療事故防止の指針に対する閲覧の要請があった場合は、これを開示します。
  8. 医療安全確保のため業務や医療機器の標準化を図り、また第三者機関の評価を通して、医療安全の改善・推進を図ります。

「協愛会基本理念」はこちら | 「患者さんの権利など」はこちら