1. home
  2. 病院について知りたい
  3. 病院紹介【病院長挨拶】

病院長挨拶

日本語 英語

阿知須共立病院 理事長 兼 病院長
三好 正規 (みよし まさのり)

Masanori Miyoshi, M.D,PHD 
岡山大学医学部卒 医学博士 


院長挨拶

公職

社会福祉法人正清会理事長
日本内分泌学会功労評議員
山口県病院協会常任理事

資格

日本臨床内科医会専門医
日本内科学会認定医
日本内分泌学会専門医
人間ドック認定医
ドック学会指導医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医

その他

阿知須中学校校医
介護支援専門員
(ケアマネージャー)
海運局指定医

〜ご挨拶〜

 当病院の歴史は、明和7年(1770年)山口県萩の地において医療を始めたことに遡り、以後代々受け継いでまいりました。

  医の理想の実現に向かっての第一歩として、三好病院(昭和32年開設)を経て、昭和33年現在地に、医療法人協愛会阿知須共立病院を設立し、現在に至っております。

  長い医療の歴史の中で、地域の皆様と睦みあい、信頼しあい、積み上げてきましたこの貴重な財産を、これからも医療・予防・ケアの中で育んでまいりたいと考えております。

安心と信頼の提供

 医療において急性期から慢性期までを担い、地域の皆様のニーズに応えるべく、「救急指定病院」として適切な医療サービスの提供を心がけております。高い専門性を求められる患者様には、近隣の中核病院に紹介・搬送できるように密な病病連携をとっております。
 また、訪問看護、訪問診療を取り入れ、在宅で安心して看護、診療が受けられるよう在宅医療の質の向上などにも努めております。

医療・予防・ケアの一体的な提供

 医療・予防・ケアサービスの一体的、能率的提供のため、診療データを瞬時に共有すべく、平成15年からオーダリングシステム、電子カルテシステムなどを順次導入し、IT化に力を注いでまいりました。これにより、一人一カルテが達成され、画像が瞬時に全部署で閲覧可能となり、重複検査、重複処方も防止できるようになりました。
 また、会計処理も迅速化し、待ち時間も大幅に短縮できるようになり、医療安全、患者様サービスに大きく貢献しております。

 さらに、これからの社会は、治療医学以上に予防医学が大切になってまいりますが、当病院は長い間、検診業務の質的向上に努め、診断の精度管理はもとより、検診データをフェイス・ツー・フェイスで患者様に説明・指導を行い、地域の皆様の健康増進に貢献してまいりました。
 また、MRIによる中枢神経精査、脳ドック、整形外科的精査、マンモグラフィーによる乳癌検診、エコーによる動脈硬化診断の精度も向上し、高い評価を受けております。

人材育成と健全経営

 新人事制度を立ち上げることにより、職員の教育、育成を積極的に行い、職員の生きがい、モチベーションの向上に配慮しております。全職員が常日頃より少しでも上を目指して努力してきた成果としまして、平成19年1月、5年前と同様、当病院の高い医療サービス品質の客観的評価として、「病院機能評価Ver.5.0」〔複合病院(一般・療養)〕に一発で合格いたしました。

 一方、職員の福利厚生面では、職員寮、職員食堂などアメニティーにも配慮し、働きやすい職場を目指しております。また、運動場・遊戯室を備えた院内保育所は夜間も運営し、若い職員には大変喜ばれております。

  当病院が地域において果たすべき重要な役割をさらに強く認識し、今までにも増して地域の皆様のご期待に添うべく職員一同全力を挙げて取り組んで参る所存ですので、皆様方のご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

平成19年5月 病院長  三好 正規